HiCo(ヒコ)について

韓国出身・函館在住25年のスタッフが函館観光をサポート

HiCo

Hico(ヒコ)は、函館在住25年の韓国人スタッフが、函館地域の魅力をご提案するツアー企画です。

プランは函館市、北斗市、七飯町、鹿部町を中心に、癒し・食・体験プランで構成する優れた自然環境を活かした「長期滞在型旅行プラン」と、地元民でありながら、知らなかった地元の新たな発見ツアーの「地域新発見ツアープラン」の二種類を提供しています。

長期滞在型旅行プラン

長期滞在型旅行プランの特長

HiCo

函館市、北斗市、七飯町、鹿部町の優れた自然環境を活かした、アフターコロナ時代に最適なプランの企画・実施

4基点を中心とした癒し・食・体験プランを構成する
*函館山(旧函館市地域)
*恵山(恵山・椴法華地域)
*駒ヶ岳(七飯・鹿部地域)
*石別(北斗三ツ石・当別地域)

地域新発見ツアープラン

地域新発見ツアープランの特長

HiCo

地元民でありながら、知らなかった地元の新たな発見ツアー

スタッフ紹介

代表/プロフィール

申 東煥

代表

申 東煥(シン・ドウファン)

プロフィール

函館の姉妹都市である韓国高陽(コヤン)出身で函館に25年在住する。実家はソウル。
東京で日本語学習の際、ホームステイをきっかけに訪れた函館が好きになり、北海道大学大学院(水産)に進学する。

水産科学博士号取得後、産学官連携研究員として、水産海洋都市函館の発展に寄与する傍ら、25年以上、函館と七飯で韓国語講師として国際交流にも関わっている。
函館地域の観光パンフレットや公共施設の韓国語翻訳を数多く行っており、韓国への情報発信に尽力している。

近年は、一番函館らしいと言われる大門の菊水小路に立ち飲みヒンナを開業し、地元民に韓国実家の味を提供している。

函館に25年在住し、観光や国際交流に関わった韓国人だからこそわかる、函館地域の魅力を案内する観光ガイドサービスとして提供を始めた。

ツアー写真

HiCoのツアー写真

お問い合わせ

お問い合わせメールの送信

会社概要

HiCo(ヒコ)の概要

サービス名 旅行部門(ヒコHiCo)
登録番号 北海道知事登録旅行業第地域―829号
管理者 総合旅行業務取扱管理者 申 東煥
事業内容 1.長期滞在型旅行プランの企画・実施

函館市、北斗市、七飯町、鹿部町の優れた自然環境を活かした、アフターコロナ時代に最適なプランの企画・実施

4基点を中心とした癒し・食・体験プランを構成する
*函館山(旧函館市地域)
*恵山(恵山・椴法華地域)
*駒ヶ岳(七飯・鹿部地域)
*石別(北斗三ツ石・当別地域)

2.地域新発見ツアープランの企画・実施

地元民でありながら、知らなかった地元の新たな発見ツアー
会社名 株式会社函館研究所
住所 〒041-0806
北海道函館市美原3丁目25番8号
TEL TEL:090-3778-5708
代表 申 東煥